ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「HTC Desire 501(603h)」が台湾NCCの認証を取得、「HTC E1」のグローバルモデル?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数日前にHTCの新型Androidスマートフォンとみられる「HTC Desire 501」が台湾NCCの認証を取得しました。「HTC Desire 501」という機種はHTCから発表されていませんが、認証資料から「603h」というHTC型番を持つ3Gスマートフォンであることが確認できます。「603」の型番は中国で販売中の「HTC E1(603e)」にも採用されているので、「HTC Desire 501」はそのグローバルモデルの可能性があります。HTC E1は、4.3インチWVGA解像度のSuper LCD2と1.2GHzデュアルコアプロセッサを搭載したミッドレンジクラスのAndroidスマートフォン。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で、Sense 4+ UIを搭載しています。特徴はオンラインを通じて一部の仕様をカスタマイズできること。HTC E1では、内蔵ストレージの容量を8GBまたは16GBから選択可能。カメラの画素数は500万画素または800万画素から(どちらも720p動画撮影対応)選択可能。さらに、本体色を6色から選択することができます。価格は1,699元~1,899元(約27,000円~約30,000円)です。Source : CNMO



(juggly.cn)記事関連リンク
謎のXperiaスマートフォン用筐体フレームの写真が流出、2014年フラッグシップモデルはXperia Z1のデザインを継承?
Tegra 4iを搭載したスマートフォンは早くても2014年初旬にしか発売されない
KDDI、AQUOS PAD SHT21の再起動問題を解消するソフトウェアアップデートを提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP