ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国Goophone、SIMスロット付きのAndroidスマートウォッチ「Goophone Smart Watch」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhoneやGalaxyスマートフォンのクローン端末で有名になった中国の「Goophone」が、今度はAndroidベースのスマートウォッチ「Goophone Smart Watch」を発売するようです。GoophoneのスマートウォッチはSIMカードスロットを内蔵しており、GSM/WCDMAの音声通話とデータ通信に対応しています。外観はどこかの製品をパクったという感じではない模様です。Goophoneのスマートウォッチでは、Android 4.0(ICS)が動作します。Google Playストアにも対応しているそうです。主要スペックは、1.5インチ240 x 240ピクセルのタッチスクリーン、MediaTek MT6572 1.2GHzデュアルコアプロセッサ、512MB RAM、4GB ROM、200万画素カメラを搭載。Wi-Fi b/g/n、GSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDAM/HSPA+(850/1900/2100MHz)に対応しています。中華フォン並みのスペックですね。Goophone Smart Watchの価格は$299(スペックからすると妥当な価格と言えます)。発売日は5~7日後とのことです。Source : Goophone



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.4(KitKat)ではホームアプリの切り替え操作が簡単
「HTC Desire 501(603h)」が台湾NCCの認証を取得、「HTC E1」のグローバルモデル?
ビッグローブ、統一感のあるデザインを維持しながらウィジェットをカスタマイズして使えるAndroid向けホームアプリ「WidgetHome」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。