ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 5はブラックバージョンとホワイトバージョンで側面の仕上げ方も違う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近発売されたGoogleの最新スマートフォン「Nexus 5」はブラックとホワイトの2色で展開されています。ブラックバージョンは全体的にブラックのカラーリング、ホワイトバージョンは、バックカバーがホワイトで、側面~前面はブラックというパンダ仕様です。実際に見て分かったのですが、両者の違いはカラーリングだけではなく、側面フレームの仕上げ方も異なっています。前面はどちらもブラックですが、スピーカーメッシュの色が少し異なります。ブラックよりもホワイトの方が白くなっていますね(左がブラック、右がホワイト)。バックカバーのカラーリングが異なりますが、表面の質感はどちらもマット仕上げ。手触りも変わらないと感じました。プレス画像を見ただだけではわかりづらいと思いますが、実は、側面の表面仕上げがブラックバージョンとホワイトバージョンで異なります。ブラックバージョンはバックカバーと同じマット仕上げであるのに対して、ホワイトバージョンは光沢仕上げ。手触りも異なっています。個人的にカラーリングはブラックバージョンの方が好きなのですが、側面の材質の違いから、グリップ性はホワイトバージョンの方がブラックバージョンよりも良いと感じました。Source : Google Nexus



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.4(KitKat)ではホームアプリの切り替え操作が簡単
「HTC Desire 501(603h)」が台湾NCCの認証を取得、「HTC E1」のグローバルモデル?
ビッグローブ、統一感のあるデザインを維持しながらウィジェットをカスタマイズして使えるAndroid向けホームアプリ「WidgetHome」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP