ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPO、自社のスマートフォンにカスタムROMを搭載した「OPPO N1 CyanogenMod Edition」を12月に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 OPPOが、自社の最新フラッグシップスマートフォン「OPPO N1」にAndroidベースのカスタムROM「CyanogenMod」を搭載した「OPPO N1 CyanogenMod Edition」を12月に発売すると発表しました。発売国や発売日は不明。価格は通常版と同じです。Androidコミュニティの有志らによって作成されたカスタムROMを端末メーカーが自社のスマートフォンに搭載して発売するのはけっこう稀なこと(前例はあります)。12月に発売されるOPPO N1 CyanogenMod Editionは開封後に起動するとCyanogenModがブートする状態となっているほか、CyanogenModとOPPOのマスコットをモチーフにしたオリジナルデザインのステッカーやスマートフォンケースが同梱。パッケージングもオリジナルデザインとなっているそうです。OPPO N1の通常版にはAndroid 4.2ベースのColor OSが搭載されていますが、OPPOはその通常版でもCyanogenModの動作をサポートすると述べています。標準リカバリでCyanogenModを導入できるそうです。OPPO N1は、5.9インチ1,920✗1,080ピクセルのIPS液晶ディスプレイを搭載した大画面スマートフォン。本体上部の206度回転する1,300万画素カメラや、バックカバー上に搭載された12cm四方のタッチパッド「O-Touch」で本体を操作できるなどの特徴を持っています。Source : OPPO



(juggly.cn)記事関連リンク
曲名検索アプリ「Shazam」に大陸別 / 国別 / 都市別のチャートを地図で閲覧できる「探索」タブが追加
MotorolaスマートフォンのGoogle Play Edition? Android 4.4を搭載した「XT1032」がGFX Benchmarkサイトに登場
TwitterがAndroid向け公式アプリのアルファテストプログラムを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP