ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年度上期の国内タブレット出荷台数、Androidのシェアは42.8%(MM総研調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MM総研は11月7日、2013年度上期(4月~9月)の国内におけるタブレット端末の出荷台数概況を発表しました。MM総研の調査結果によると、タブレットの総出荷台数は前年同期比77.2%増の342万台でした。OS別シェアをみていくと、1位はiPadの46.2%、2位はAndroidの42.8%、3位はWindowsの11.1%。残り20.2%は「その他」となっています。iPadは依然としてトップをキープしていますが、AndroidとWindowsのシェア拡大が顕著となっており、徐々にAppleのシェアを奪っています(2012年上期は61.1%でした)。メーカー別シェアをみていくと、トップはAppleの46.2%(157,9台)、2位はNexus 7シリーズを販売しているASUSの16.4%(56万台)、3位はSonyの8.6%、4位は富士通の4.4%、5位はシャープの4.1%という結果でした。前年同期と比較して、ASUS、Sony、シャープが順位を上げ、富士通、NEC、Acerは順位を下げました。MM総研は2013年度上期の統計データを基に、2013年度通期の出荷台数を前年度日33.8%増の760万台と予測しています。Source : MM総研



(juggly.cn)記事関連リンク
OPPO、自社のスマートフォンにカスタムROMを搭載した「OPPO N1 CyanogenMod Edition」を12月に発売
Feedlyがログイン認証方法にGoogle+サインインを採用
曲面スマートフォン「LG G Flex」の欧州展開が決定、2014年2月よりOrangeを通じて発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。