ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 4とNexus 5用の非公式版CyanogenMod 11が早くも公開(更新)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4(KitKat)ベースの「CanogenMod 11」の開発が始まってから1日しか経過していませんが、早くもNexus 4とNexus 5の非公式版CyanogenMod 11がXDA Developersで公開されました。私はNexus 4版を実際に使用してみました。CyanogenMod 11はまだ開発作業の始まったばかりの仕様も確定していないバージョンなので、中身は日々変わっていくと思いますが、現時点では、セットアップ画面、壁紙、CMアカウント機能、テーマ機能、パフォーマンス機能が移植されています。日本語化はまだ行われておらず、未完成さが目立ちます。それでも動作は標準ROM並みに快適なので、Android 4.4(KitKat)を試す目的なら十分使えると思います。通信機能もうまく動作している模様です。非公式版の導入方法は従来のCMと同じです。ClockworkModやTWRPなどのカスタムリカバリのROMフラッシュ機能を利用してROM本体とGAppsを順にインストールします。GAppsも下記のリンク先よりダウンロードできます。更新:Nexus 5用はブートしないということで削除されています。Source : XDA Developers(Nexus 4)(Nexus 5



(juggly.cn)記事関連リンク
DeNAが「Mobage」のチャット機能をAndroidアプリ化、「Mobage Chat」をGoogle Playストアで公開
小米科技、Snapdragon 800を搭載した「Xiaomi Mi3 WCDMA版」を12月中旬に発売
Moto Gのプレス画像が流出、基本カラーはホワイト、ブルー、グリーン、ピンクの4色か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP