ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、2014年のハイエンドスマートフォンに1,600万画素のISOCELLカメラを採用か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungがスマートフォン向けに、1,600万画素のISOCELLイメージセンサーの製造を計画していることが明らかにしました。ISOCELLは、CMOSイメージセンサーを構成する画素と画素の間に絶縁部を形成し、隣接する画素を互いに電気的に分離させる構成方法で、隣接する画素間の干渉を抑えることでセンサーの受光率向上を図っています。この構造によって、従来技術で製造されたCMOSイメージセンサーに比べて暗い場所でも明るくて鮮明に撮影できるとされています。SamsungはISOCELLを発表した際、この技術を適用した800万画素のCMOSイメージセンサー(S5K4H5YB)を2013年Q4より量産すると述べていました。公開されたスライド資料によると、Samsungは2014年~2015年に1,600万画素のCMOSイメージセンサー(1.12μm 単位画素)も量産する予定です。Samsungは2014年のハイエンドスマートフォンには1,600万画素のCMOSイメージセンサーを採用する方針であることを述べており、今回明らかになった1,600万画素のISOCELLセンサーが使用される可能性があります。Source : Samsung



(juggly.cn)記事関連リンク
ピクセラ、Android / iOS / Windows向けにワンセグとフルセグに対応したモバイルテレビチューナーを開発、12月末に発売予定
電子マネー「nanaco」がイーモバイルのおサイフケータイ対応Androidスマートフォンで利用可能に
Google、SMS/MMSの送受信に対応したAndroid版「ハングアウト(2.0.122)」をGoogle Playストアにリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。