ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、今後自社で64bit対応のARMプロセッサを開発する計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが、11月5日に韓国で開かれた同社のアナリスト向けイベント「Analyst Day」で、同社のモバイル端末における今後の計画が紹介されました。そのスライド資料も公開されました。スライド資料によると、Samsungのモバイル向けSoCは今後64bitに対応する予定ですが、まずは、ARMのCPUコアを使用することで対応し、その後、Qualcommのように自社でARMベースのCPUコアを開発して対応する計画です。ディスプレイについては、同社のフレキシブルAMOLEDの画素サイズを微細化していく方向で開発を進めており、2015年までには画素サイズを45μmにまで微細化して画素密度560ppiを実現する計画です。また、モバイルディスプレイの今後の成長について、2014年中にWQHD(2,560 x 1,440ピクセル)が主流になり、2015年にはUHD(3,840 x 2,160ピクセル)が主流になるとの見方を示しました。SamsungもAMOLEDパネルで市場に追従していくことが予想されるので、来年の主力スマートフォンにはWQHDのAMOLEDパネルが搭載されることが予想されます。Source : Android Beat



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、カバーがスタンドになるタブレット向けBluetoothキーボード「TransKeyboard」を発表
LINEはスマートフォン向けショッピングアプリ「LINE Mall」をリリース予定、出品者の募集を開始
Samsung、2014年のハイエンドスマートフォンに1,600万画素のISOCELLカメラを採用か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP