ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホ挫折62歳男「使いもんにならん。断然ガラケーやで!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スマホの普及率がグングンとあがる一方、スマホに背を向け続ける人たちも少なくない。実際、大手キャリア3社はこの秋、ガラケーの新モデルを揃って発売。モテを究める人たちもガラケー派だ。

「歌舞伎町のホストには、ガラケーユーザーが多いらしいです」(『東京IT新聞』編集長・西村健太郎氏)

 そのココロは、メールが送りやすいから。

「ホストの一番大切な仕事が出勤前に顧客である女性に大量のメールを入れることですが、デキるホストは、ポケットの中で手探りでメールを送るらしいです」

 日本人とガラケーの親和性に言及する人もいる。50歳会社員は「日本には、使わないものにはフタをする国民性がある」と力説する。

「だから、折りたたみ式のガラケーは、日本人の生理に合っている。画面むき出しなんてとんでもない」

 むき出しだと着信やメールが、誰からのものなのかが周りに丸見えで、よからぬ不幸を招くことも。さらにスマホの中に入っている、情報が流出する怖れもある。

「スマホは個人情報の宝庫。毎日持ち歩くのがどんなに危険か、自覚が必要です。特にアンドロイドは審査が甘く、個人情報を抜き出すような不正アプリも多くあるといわれる」(『IT批評』編集長・桐原永淑氏)

 それなのにスマホに乗り換えて、3日間で挫折した大阪在住の62歳の声を、最後にお届けする。

「スマホ、あんなん使いもんにならん。断然、ガラケーやで! 慣れれば大丈夫やとか息子に言われたけど、たかが電話やで! 日常品として使うもんや。電話は電話がちゃんと使えればええのや。食堂やったって、和食も洋食もある店、ろくな店ないやろ。大事なのは専門分野を持つことやで。あれもこれもやれることは、そんなん大事なことやないんや。ワシはそう思うわ。ガラケー万歳やで!」

※週刊ポスト2013年11月8・15日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ガラケー派=遅れた人」の風潮は携帯会社が作ったとの指摘
「スマホ男性よりガラケー男性がモテる説」30代女性理由解説
モバイル評論家「地方では圧倒的にガラケーが支持されてる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。