ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 5のブートローダーアンロック手順とroot化手順

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事ではAndroid 4.4(KitKat)を搭載したNexus 5のブートローダーのアンロック手順とroot化手順を紹介します。ブートローダーをアンロックするとNexus 5のカーネルやリカバリ、ROMを書き換えたりすることができます。また、root化するとroot権を必要とするアプリ(Titanium BackupやSetCPUなど多数)を利用できるようになります。しかし、どちらの操作もメーカーのサポートが無効になるはずなので、実施する際はその点を承知の上で行うようにしてください。この記事で紹介する各手順はWindows 8パソコンを利用して実施した内容をベースにしています。また、各手順を実行するために必要となるAndroid SDK(fastbootやadbコマンド)、Nexus 4ドライバは作業用のWindows 8パソコンに導入済みの状態で、fastbootやadbコマンドのPathが通っている状態を前提としています。ブート ローダーのアンロックSTEP1 : Nexus 5をシャットダウンした後、ボリュームアップ/ダウンボタンと電源ボタンを同時押し続けてブートローダーを起動します。起動後に「Recovery mode」と表示された場合はボリュームアップボタンを押して「START」に変更します。STEP2 : Nexus 5をパソコンとUSBケーブルで接続します。PC上でコマンドプロンプトを起動して次のコマンドを実行します。

fsatboot oem unlock

STEP3 : 次の画面が表示されるので、ボリュームアップボタンを押して「Yes」にカーソルを合わせ、電源ボタンを押します(この際、システムのデータが全て消去されます)。ブートローダーのトップ画面に戻り、画面下のロック状態が「unlocked」となっていればアンロック成功です。root化今回はChainfire氏作のCF-Auto Rootツールを利用します(ブートローダーがアンロック状態でなければ機能しません)。STEP1 : XDA Developersのスレッド経由で「CF-Auto-Root-hammerhead-hammerhead-nexus5.zip」をダウンロードしてPC上で解凍します。STEP2 : Nexus 5のブートローダーを起動します(既に「START」画面の場合はそのまま)。STEP3 : 「STEP1」で解凍してできた「CF-Auto-Root-hammerhead-hammerhead-nexus5」フォルダを開き、Windowsの場合は「root-windows.bat」をダブルクリックします。Linuxの場合は「root-linux.sh」を、Macの場合は「root-mac.sh」に実行権を付けて実行します。処理が完了するとNexus 5が自動的に再起動します。CF-Auto RootにBusyBoxは含まれていないので、Google Playストアより通常のアプリと同じようにしてダウンロードします。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、スマートフォンやタブレットと連携して遊べる玩具「スマート トイ」を11月9日より順次発売
Google、簡単なアンケートに回答するだけでGoogle PlayクレジットがもらえるAndoridアプリ「Google Opinion Rewards」をリリース
「ENEOSカード」の公式Androidアプリがリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。