ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

T-Mobile版「Moto X」用の公式Android 4.4ファームウェアが早くも流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米T-Mobileで発売された「Moto X」用のAndroid 4.4(KitKat)ファームウェアが早くも流出しました。Android 4.4は発表されてから間もなく、まだ既存のNexusデバイスにも提供されていません。そんな中、XDA Developersで実際に動作するMoto X用のAndroid 4.4が流出。アップロードした人曰く、‟このファームウェアはテストビルド”とのことですが、実際に動作することが確認されています。だいぶ前から開発を進めていたのでしょう。MotorlaはAndroid 4.4の発表同日にMoto X全モデル、Droid Ultra、Droid Mini、Droid Maxxをこのバージョンにアップデートすることを発表しました。肝心のアップデート時期は明らかにされていませんでしたが、既に動作するファームウェアが流出したところを見ると、予想よりも早く(年内)提供されると思います。Nexus/GPE以外でAndroid 4.4にアップデートされるのはMoto Xが1番になるかもしれませんね。

Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
イーモバイルの「Nexus 5(EM01L)」は11月15日に発売
Google、Android 4.4(KitKat)に新しいランタイム「ART」を導入
2013年9月の米国スマートフォン市場、Androidのシェアは51.8%(米ComScore調査)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。