ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony MobileはXperia Z UltraベースのWi-Fi対応ミニタブレット「TS-0010-BV」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Z UltraのWi-Fi OnlyモデルとみられるSony Mobile製端末「TS-0010-BV」が11月5日付けでFCCの認証を取得しました。FCC IDは「PY7TS-0010」です。今回認証を取得した「TS-0010-BV」は、Sony Mobileのタブレット用Type Numberを持っており、製品の概要に「Portable UMPC Mini-Tablet」と記載されていることから、タブレットとして開発されている製品と考えらえます。ところが、各種アンテナの搭載位置の図面を見ると、本体の縦幅は179mm、横幅は92mmとタブレットにしては小型です。縦横のサイズが6.44インチスマートフォン「Xperia Z Ultra」とほぼ同じ(縦179.4mm×横92.2mm)であることから、Xperia Z Ultraから携帯電話の機能を省いたWi-Fi Onlyモデルと考えられます。

認証はWi-Fi 2.4GHz/5GHz(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth v4.0、NFCの周波数帯で取得しています。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
2013年9月の米国スマートフォン市場、Androidのシェアは51.8%(米ComScore調査)
YouTubeのコメント機能がGoogle+と連動、モバイルアプリではコメント欄にGoogle+アカウントが表示されるようになる
Nexus 5のスピーカーは1つだけ、分解レポートで確認される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。