ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4(KitKat)ベースのCyanogenModは「CyanogenMod 11」として提供、開発作業も開始される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidのメジャーアップデート版がリリースされると気になるのがカスタムROM「CyanogenMod」への移植時期ですが、既にその作業は始まっている模様です。Android 4.xベースのCyanogenModは「CyanogenMod 10.x」として提供されていますが、CyanogenModの公式Google+ページへの投稿によると、Android 4.4版は「CyanogenMod 11」になるそうです。また、LG端末用のCyanognenModを開発しているRicardo Cerqueira氏はGitHubに「CyanogenMod 11」のリポジトリを作成しています。Android 4.4では、メモリ消費量の削減、パフォーマンスチューニング、システムレベルでのNFCカードエミュレーションモードや印刷機能のサポート、ウェアラブルデバイスなどに用いられる新タイプのセンサーのサポート、Bluetooth HID over GATTやBluetooth MAPなどの新プロファイルのサポートなどが行われています。CyanogenMod 11のリリース時期はまだ分かっていませんが、過去の例を見ていくと、まずは非公式版が順次公開され、1か月ほどでNightlyビルドの配信が開始されると思います。Source : Google+Google+2



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 5のスピーカーは1つだけ、分解レポートで確認される
フルHDのIGZO液晶を搭載した「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」が本日発売
Motorola、「Moto G」発表会の模様をGoogle+イベントを通じてライブ配信

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP