ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、12.2インチと13.3インチのタブレットを2014年に発売する計画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungは12.2インチや13.3インチサイズのディスプレイを搭載する大画面タブレットを2014年中にも発売する計画のようです。海外メディアのDigiTimesとETNewsが報じていました。12.2インチタブレットについてはDigiTimesが報じています。同サイトによると、Samsungは中国Shenzhen O-film Tech社が年末より量産を開始するフィルム基盤型のタッチパネルを12.2インチタブレットで採用する予定とのことです。量産開始時期から考えて発売は2014年初旬になると予想されています。「SM-P900シリーズ」のことを指しているのかもしれません。13.3インチタブレットについては韓国メディアのETNewsが業界の噂として報じています。同サイトによると、Samsungは2014年にタブレット事業の拡大を積極的に進める中で、13.3インチまでのタブレットを投入する計画で、ラインアップには今回の13.3インチモデルも含まれているそうです。Samsungのタブレット製品はWindows系も存在するので、Android系のGalaxy Tabではない可能性もあります。Source : DigiTimesETNews



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 5のブートローダーアンロック手順とroot化手順
Android向け文字入力アプリ「Swypeキーボード」にミニキーボードとスプリットキーボードが追加
Tegra 4を搭載した7インチAndroidタブレット「Tegra Note 7」が英国で11月16日に発売、価格はVAT込みで£179(約28,000円)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP