ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山路徹氏 裸で生活する夫に悩む妻に助言「あなたも脱げば」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 数々の修羅場をくぐり抜けてきたジャーナリスト・山路徹氏が女性セブン読者の相談にお答えします。今回は、全裸で生活する夫に悩む妻からの相談です。

【読者からの相談】
 娘が嫁ぎ、夫婦ふたりだけになった途端、夫が全裸で生活するようになりました。お風呂からあがってもなかなか服を着ない。これまではパジャマ生活だったのに寝るときも全裸がいいと。外で裸になるわけではないし、開放的で気持ちいいのでしょうが、60才近いおっさんの裸なんて見たくないのですが・…。(55才・専業主婦)

【山路徹のアドバイス】
 裸で生活したいという気持ちはわかりますね。ましてや外で責任ある仕事をしていると、常に心身ともに鎧をまとっているようなものですから、裸になって開放的になりたいのでしょう。

 そもそも人間は原始の時代、裸で生活していたから、全裸でいることは本能に忠実なのかも。欧米人なんかは裸で寝ている人だっているわけですから、ちっともおかしくはない。

 ただ問題は締まりのないおっさん(失礼!)の体を見て、奥さんが嫌~な気持ちになるということですよね。

 娘さんが嫁いでから裸になるようになったということですから、あなた以外の人の前なら服を着るのでしょうから、友達なりを頻繁に家に招き入れるとかね。

 それよりも手軽でいい方法を教えましょう。裸には裸。つまりあなたも裸で生活することです。

 長い間、ともに生活してきたパートナーのあなたが裸になったら、だんなさんも驚くだろうし、もしセックスレスだったならこれをきっかけに燃え上がっちゃうかもしれない。あなたも裸でいる楽しさに目覚めたら、もうけもの。ふたりだけの時間は“裸族”として生活すればいいんです。

 ただし、宅配業者など急な来客のためにすぐに羽織れるガウンをお忘れなきように。

※女性セブン2013年11月14日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SODのAV原作募集に若者多数 「SNS普及が背景」と担当者分析
株主優待だけで生活する元プロ棋士 家賃以外の費用は不要
「友だちいないは恥ずかしい?」と孤独について問いかけた本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP