ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アディダス、光学心拍センサーを搭載したランナー向けGPSウォッチ「miCoach SMART RUN」を国内で11月15日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アディダス・ジャパンは11月5日、海外で先日発表されたランナー向けGPSウォッチ「miCoach SMART RUN」を日本で11月15日に発売すると発表しました。メーカー希望小売価格は47,250円で、まずは全国のアディダス直営店と直販サイト(http://shop.adidas.jp/micoach)を通じて販売されます。12月1日より全国のアディダス取扱店の一部でも販売されます。miCoach SMART RUNは、1.45インチのタッチパネル付きカラー液晶を搭載したIPX7の防水に対応したGPS腕時計。GPSや加速度センサーでランニングやサイクリング中の移動距離やスピード、ラップ、歩数、ストライドといった運動データをリアルタイムに表示・記録するほか、本体の裏面に搭載された光学心拍センサーで脈拍による心拍数を計測することもできます。心拍計を利用して自分の心肺機能を測定するアセスメントワークアウト(12分走)も利用できます。miCoach SMART RUNは単なるGPSウォッチではなく、リアルタイムの音声コーチング機能も搭載。また、Bluetooth v4.0に対応しており、同規格に対応したBluetoothヘッドセットと通信させることで音楽プレイヤーとしても使用できます。さらに、Wi-Fiにも対応しており、端末のシェア機能を利用してワークアウトデータをTwitterやFacebookに投稿したり、micoach.comにアーカイブすることもできます。アプリのように発売後のファームウェアアップデートで新機能が追加されるのも特徴です。Source : アディダスプレスリリース



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus One~Nexus 5まで、歴代のNexusスマートフォンの性能を比較(動画あり)
KDDIが音楽映像を視聴できる新アプリ「ミュージックリップス」をリリース
NTTドコモ、「ARROWS X F-10D」のAndroid 4.2(Jelly Bean)アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。