ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4(KitKat)の刷新されたホーム画面はGoogle検索アプリによって実現、他社メーカーの端末にもNexusのホーム画面を提供?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4(KitKat)の大きな特徴の一つは刷新されたホーム画面です。「Google Home」と呼ばれるアプリをホームアプリに設定することで、大きめアイコンのアプリドロワーや刷新されたウィジェット・壁紙ピッカー、ホーム画面をスワイプするだけで起動するGoogle Nowを利用できるのですが、実は、このホーム画面はホームアプリではなく、Google検索アプリによって実現されていたのです。Android 4.4(KitKat)を搭載したNexus 5には「GoogleHome.apk」というホームアプリがプリインストールされており、ホーム画面の内容は上図のようになっています。しかし、このデザインはGoogleHome.apkによって実現されているのではなく、未配信バージョンのGoogle検索アプリ(v3.0.17)によって実現されているのです。Google検索アプリを現行のv2.xに戻すと従来のデザインに戻ります。このような仕組みは、Facebookが独自のホーム画面「Facebook Home」の機能をFacebook本体に実装しているのと同じ。おそらく、GoogleはNexusデバイスと同じホーム画面の操作体験を全ユーザーに提供するべく、このような仕組みに変えたのではないでしょうか。だとすれば、今後「GoogleHome.apk」はGoogle Playストアで配信され、Nexus以外の機種でも容易にNexus 5と同じホーム画面を利用できるようになると予想されます。その証拠として、Google検索v3.0.17にはホーム画面や壁紙の設定に関する新しいパーミッションが追加されています。Source : Ars Technica



(juggly.cn)記事関連リンク
Googleに対してGalaxy NexusにAndroid 4.4(KitKat)を提供するよう求める署名キャンペーンが実施中、既に14,000名以上の署名が集まる
Xperia Z用のAOSP版Android 4.4(KitKat)がXDAで配布中
LG、曲面ディスプレイ搭載スマートフォン「LG G Flex」の日本市場での発売でキャリアと協議中、来年には「LG G Flex 2(仮)」を投入予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP