ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

関ジャニ大倉忠義、TBS新ドラマ「Dr.DMAT」で民放連ドラ初主演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

2014年1月にスタートするTBS系の新ドラマ「Dr.DMAT」に、関ジャニ∞の大倉忠義が主演することがあきらかとなった。 

木曜21:00からの枠で放送されるこのドラマは、髙野洋と菊地昭夫による人気コミック「Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~」を原作とするもの。今回が民放の連ドラ初主演となる大倉は〈災害派遣医療チーム(Disaster Medical Assistance Team)〉、通称〈DMAT(ディーマット)〉のドクター・八雲響役に挑み、彼と同じ病院で働くスタッフ役として加藤あい、市川実日子、佐藤二朗、麻生祐未、ほっしゃん。、國村隼が出演。さらに、響の妹役を瀧本美織、東京消防庁ハイパーレスキュー隊員役を石黒賢とHey! Say! JUMPの髙木雄也が担当する。災害医療の現場で命と向き合う響の成長を軸に、DMATの活躍が東京DMATおよび東京消防庁の全面協力のもと描かれるという。

なお、主題歌についての情報はアナウンスされていないので、気になる人は続報に注目しておこう。

★関ジャニ∞のニュー・シングル“ココロ空モヨウ”についてのニュースはこちらから
★関ジャニ∞の新曲“キング・オブ・男!”についてのニュースはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP