ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sprintが米国でトライバンドのLTEサービス「Sprint Spark」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンク傘下の米Sprintが現地時間10月31日にトライバンドのLTEサービス「Sprint Spark」の提供を発表しました。Sprintは以前より1900MHz帯(Band 25)の5MHz幅でFDD-LTEのデータ通信サービスを行っていますが、11月8日より850MHz(Band 26)の5MHz幅を利用したFDD-LTEサービスと2.5GHz帯(Band 41)の20MHz幅でTD-LTEサービスが追加。合計3バンドでの提供となります。Sprintはこれを「Sprint Spark」というブランドの下で提供していきます。Sprint Sparkの提供エリアはサービス開始時点でニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、タンパ、マイアミの5都市。Sprintは3年間で全米100都市に展開する予定と述べています。対応機種はHTC One max、LG G2、Galaxy S 4 Mini、Galaxy Mega、Nexus 5の5機種です。HTC One maxとNexus 5以外は今後のソフトウェアアップデートでトライバンドに対応する予定です。Source : Sprint



(juggly.cn)記事関連リンク
欧州などで販売されているHTC Oneは2014年1月下旬にAndroid 4.4(KitKat)にアップデートされる見込み
NTTドコモ、「Optimus Vu L-06D」と「L-06D JOJO」のソフトウェアアップデートを開始
NTTドコモ、「REGZA Phone T-02D」のAndroid 4.1アップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP