ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 5はCDMA2000対応モデルも存在、米Sprintが11月8日に発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンク傘下の米SprintがAndroid 4.4(KitKat)を搭載した「Nexus 5」を現地時間11月8日に発売すると発表しました。昨年発売された「Nexus 4」はGSM/WCDMAに対応したモデルしか開発されなかったため、Sprintをはじめとした米国のCDMAキャリアを通じて発売されることはありませんでしたが、今回の「Nexus 5」ではCDMA2000にも対応したモデルも開発されました。米国のCDMAキャリアと言えば、米国最大手のVerizonもそうですが、なぜかVerizonからは発売されません。しかし、GoogleのAndroid部門リーダーを務めるSundar Pichai氏がThe Vergeに対して明らかにしたことによると、GoogleとVerizonは2014年にコラボを予定しています。開発された「Nexus 5」は北米向け「LG-D820」とそれ以外の国向け「LG-D821」の2モデルです。基本スペックはどちらも同じですが、対応する通信方式と周波数帯が少し異なっています。北米モデル(LG-D821) GSM:850/900/1800/1900MHz WCDMA:800(Band 6,19)/850(Band 5)/900(Band 8)/1700(Band 4)/1900(Band 2)/2100(Band 1) CDMA:800(BC 0,10)/1900(BC1) LTE:2100(Band 1)/1900(Band 2,25)/1700(Band 4)/850(Band 5,26)/700(Band 17)/800(Band 19)、TDD 2600(Band 41)日本を含む北米以外のモデル(LG-D821) GSM:850/900/1800/1900 MHz WCDMA」800(Band 6)/850(Band 5)/900(Band 8)/1700(Band 4)/1900(Band 2)/2100(Band 1) LTE:2100(Band 1)/1900(Band 2)/1800(Band 3)/850(Band 5)/2600(Bad 7)/900(Band 8)/800(Band 20)Sprintで発売される「Nexus 5」は16GBモデルのみ(カラーはブラックとホワイト)。価格は同社との2年契約で$149($50のリベート後)。Source : SprintThe Verge



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「Optimus Vu L-06D」と「L-06D JOJO」のソフトウェアアップデートを開始
NTTドコモ、「REGZA Phone T-02D」のAndroid 4.1アップデートを開始
中国 歩歩高(BBK)の2Kディスプレイ搭載スマートフォン「Vivo Xplay 3S」の筐体デザインが公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP