ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4(KitKat)ではロック画面ウィジェットの有効/無効が切替可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.2で追加されたロック画面ウィジェット機能がAndroid 4.4(KitKat)で有効/無効を切り替えられるようになりました。ロック画面ウィジェットはAndroidのロック画面からウィジェットを通じてアプリを利用できる機能です。Android 4.2では常に有効の状態になっていますが、Android 4.4では機能自体をOFFにできるようになりました。Android 4.4ではデフォルト無効です。有効にする場合は設定メニューを表示後、「セキュリティ」→「ウィジェットの有効化」にチェックを入れます。実際の設定方法や動きは貼りつけた動画でご確認ください。Source : Android.com



(juggly.cn)記事関連リンク
「Moto G」は11月13日に発表、グローバル展開される模様
海外でGalaxy S IIIのAndroid 4.3アップデートが開始
Nexus 10でAndroid 4.4(KitKat)の半透明ナビゲーション&ステータスバーはデフォルト無効?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP