ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Yota Devicesが2画面スマートフォン「YotaPhone」のプロセッサをSnapdragon S4 Pro MSM8960T 1.7GHzにアップグレード

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ロシアの端末メーカー「Yota Devices」が、カラー液晶とE Ink電子ペーパーディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「YotaPhone」の仕様を変更しました。変更されたのはプロセッサです。昨年12月に発表されたときにはSnapdragon S4 MSM8960 1.5GHzデュアルコアとなっていましたが、現在Yota Deviecsの公式サイトには「Dual Core 1.7 GHz Krait」と記載されています。GL Benchmarkにアップロードされた「Yota YotaPhone C9660」のテスト結果によると、CPUクロックは384~1728MHzで、GPUはAdreno 320なのでSnapdraogn S4 Pro MSM8960Tと考えられます。MSM8960よりもCPUクロックが向上し、GPUも上位のものに変わっているので、スペックを上げたことになります。YotaPhoneは、フラット型ボディの両面に4.3インチのカラー液晶ディスプレイとE Inkの電子ペーパーディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン。普通のAndroidスマートフォンとして利用することはもちろん可能で、反対側の電子書籍を使えば電子書籍は読みやすく低消費電力、スマートフォンの通知やニュース記事などの新着情報を表示する常時ONの待受画面としても機能するなど、その独特な形状と利用スタイルで話題となっていました。Source :



(juggly.cn)記事関連リンク
Sprintが米国でトライバンドのLTEサービス「Sprint Spark」を発表
Google Nexus 5のバッテリーテスト情報、スタンバイ中の消費はかなり少ない模様
2013年Q3の世界スマートフォン出荷台数、Androidのシェアが過去最高81.3%に到達(Strategy Analytics調査)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。