ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストリートビュー写真を撮影できる「Photo Sphere」機能は、Android 4.4(KitKat)で仕上がりが大幅に改善、レンダリング時間も短縮

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleがAndroid 4.4(KitKat)で、ストリートビュー風の360度パノラマ写真を撮影できる「Photo Sphere」機能を大幅に改善したそうです。Photo Sphereは視点を変えて撮影した複数の写真を繋ぎ合わせて1枚のパノラマ写真にするカメラアプリの機能の一つです。GoogleのEvan Rapoport氏によると、Googleは移動する物体や人物、その他の繋ぎにくい部分を避けて個々の画像を繋ぎ合わせるための理想的な位置を探す”optimal seam finding”という技術をAndroid 4.4に導入しており、以前よりも綺麗な仕上がりになったと述べています。また、撮影後の処理をマルチスレッド化したことで、以前よりも高速に画像をレンダリングできるようになったとも述べています。Android 4.2で追加されたPhoto Sphereは、仕上がった写真の繋ぎ目に大きな崩れが見られることが多々あり、レンダリング処理にもけっこう時間がかかることで使いづらかったのですが、Android 4.4では期待できそうです。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
Google Nexus 5のバッテリーテスト情報、スタンバイ中の消費はかなり少ない模様
2013年Q3の世界スマートフォン出荷台数、Androidのシェアが過去最高81.3%に到達(Strategy Analytics調査)
Android 4.4(KitKat)で内蔵のフォトエディタが大幅に改善(動画あり)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP