ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4(KitKat)にChromeブラウザの‟ドラッグアンドリリース”操作がシステムレベルで実装

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android版Chromeブラウザに最近のアップデートで追加された‟ドラッグアンドリリース”でメニューを選択できる機能がAndroid 4.4ではシステムレベルで実装されていることが判明しました。Android 4.3までアプリのメニューを選択するにはオーバーフローボタンをタップし、目的のメニューを再度タップする必要がありましたが、‟ドラッグアンドリリース”操作では、オーバーフローボタンをタッチしたまま下または上になぞると中の項目が表示され、目的のメニューのところで指を離すと選択されます。この新しいジェスチャー操作のメリットは、指を置いた項目がハイライトされるので選択ミスしにくいところです。たとえば、夜間に暗い場所でスマートフォンを操作している場合、指は見えづらいですよね?思った項目とは別の項目をタッチしてしまうことが多いと思いますが、このジェスチャー操作を利用すれリスト内の指を置いた位置がハイライトされるので、指が見えなくても目的の項目を正確に選択することができます。Source : Android Police



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S III(GT-I9300)用のAndroid 4.3ファームウェア(I9300XXUGMJ9)が流出
日本のGoogle PlayストアにおけるNexus 5の発送時期が‟11月8日までに発送”に変更
Yota Devicesが2画面スマートフォン「YotaPhone」のプロセッサをSnapdragon S4 Pro MSM8960T 1.7GHzにアップグレード

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP