ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美人は離婚する確率が高い!? 一緒にいるほど「外見より内面」を求める

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本では、離婚件数が増えるなか、未婚の母や事実婚、授かり婚など、ここ10年ほどで、ずいぶんとパートナーとの関わり方の選択肢が増えてきています。
私自身は、両親が夫婦というかたちをとり、家族という場で育ててもらえたことをとても感謝しています。生まれてくる子供たちのことを考えたら、法という約束で守られた、助け合いの最小単位として、「夫婦」や「家族」というかたちは、なかなかよいものなのではないでしょうか。
■美人に離婚が多い!?
最近、美人に離婚が多いという話題をよく聞きます。心理学者ウォルスターらの研究によると、自分の身体的魅力に関係なく、恋人には身体的魅力を重視するという傾向が、男女ともにあることがわかっています。
美人であれば、恋人として理想的とされ、手放されないような気がするのですが、現実はそうとも限らないようです。 
■人が親しくなる3つの発展段階
心理学者のマーステインは、人と人とが親しくなる発展段階を3段階で説明しました。

第1段階 刺激の段階。外見的魅力が大事です。
第2段階 価値の段階。お互いの考えが似ていることが大事です。
第3段階 役割の段階。補い合うために、お互いの違いも魅力となります。

出会い、関係を発展させるには、まずは外見的魅力が大事、そして関係が進んでいくにつれて、価値観が似ていることや、補い合える関係であることが大事になってくるのです。
■時間とともに重要なことが変わる
つまり、最初は外見だけでもいいけれど、関係が進むとその重要度は、割り合いとして下がっていき、内面の重要度が増していく、ということになりますね。
また、外見的魅力の刺激は強いので、内面的なことはよく知らずにつきあいだし、徐々にお互いがわかってきて「内面は合わない」と気づくということも多いのかもしれません。
長く続くステディな関係になるためには、内面の相性を早めに見極めていくことも大切ですね。
Sad child image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
美人ホルモン大放出! 恋愛で勝ちたいなら「アノ日」に狙いを定めるべし
【恋愛相談室】告白されればつきあう…は本当はダメ?
こんな子とつきあいたい! 友だちの彼女を見て「うらやましい〜」と思うのはどんなとき?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP