ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、中国でハイスペックな2画面折りたたみ式スマートフォン「SM-W2014」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが11月1日に中国で現地キャリアの中国電信とプレスカンファレンスを開催し、同社の2画面折りたたみ式スマートフォン「SM-W2014」を発表しました。中国電信では毎年上図のようなデザインのSamsung製スマートフォンが販売されており、今回のSM-W2014はそのシリーズの最新モデルとなります。クラムシェル型のボディに、ディスプレイ前後にタッチパネルを搭載。閉じたままでも操作可能で、開いた状態だとテンキーを使って文字を入力できるところが特徴となっています。また、前作と同様にGSM/CDMA2000のデュアルSIM・デュアルスタンバイに対応しています。前作と大きく異なるのはスペックが大幅に強化されたところです。ディスプレイは両面とも3.7インチ800✗480ピクセル(WVGA)のSuper AMOLEDのままですが、プロセッサがSnapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコアになり、RAM容量は2GBに倍増しています。内蔵ストレージの容量は32GBで、Micro SDカードも使用可能です。カメラは背面に1,300万画素と前面に200万画素を搭載。本体サイズは116.85 × 59.4 × 15.79mm、質量は173.5。OSはAndroid 4.3(Jelly Beam)です。Source : IT168



(juggly.cn)記事関連リンク
ストリートビュー写真を撮影できる「Photo Sphere」機能は、Android 4.4(KitKat)で仕上がりが大幅に改善、レンダリング時間も短縮
腕時計ブランド「ANDROID」がAndroid OSを搭載したスマートウォッチ「ANDROID SmartWatch」を12月に発売
Android公式サイトのプロモーション画像に正体不明のKitKatタブレットが登場、Nexus 8か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP