ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歩歩高(BBK)、Vivo Xplay 3Sに搭載したディスプレイがiPhone、HTC Oneよりも精細であることをアピール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 歩歩高(BBK)が同社未発売の新型スマートフォン「Vivo Xplay 3S」のディスプレイがどれほど鮮明なのかをアピールする写真をWeiboで公開しました。写真はiPhone 5SのRetinaディスプレイ、HTC OneのフルHDディスプレイ、Vivo Xplay 3SのWQHDディスプレイ上で同じテキストを表示し、その一部分を拡大して撮影したものです。iPhone 5Sは4インチ1,136 x 640ピクセル(画素密度326ppi)、HTC Oneは4.7インチ1,920 x 1,080ピクセル(468ppi)であるのに対して、Vivo Xplay 3Sは5.7インチ2,560 x 1,440ピクセル(画素密度515ppi)と、他の2機種に比べて画素密度が大幅に高いディスプレイ仕様です。肉眼で見ると3製品の表示大きな差は感じらないと思いますが、拡大画像を見ると、iPhone 5Sではドット絵のように見える文字が、Vivo Xplay 3Sでは少し滲んだ程度にしか見えないなど、大きな差があります。Source : Weibo



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.3ベースの「CyanogenMod 10.2」のMシリーズビルドがリリース
KDDI直営店「au FUKUOKA」が天神西通り沿いに2014年2月オープン
Qualcomm、Snapdragon新モデル「MSM8228」を開発

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP