ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4(KitKat)におけるイースターエッグの全容が明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.4(KitKat)のイースターエッグ(隠しコマンド)のデモ映像が海外サイトのAndroid Cnetralで公開されました。KitKatのイースターエッグは流出写真などで目にしていますが、その全容が明らかになるのは今回が初めてです。イースターエッグは設定メニューを表示後、「端末情報」→「Androidバージョン」の部分を連続でタップすると現れます。ご存じなかった方は自分の端末で試してみてください。前回のJelly Beanでは最初にでっかいビーンズが現れ、その後、小さなビーンズをフリックして飛ばせるゲーム感覚のスタイルでした。では、KitKatではどうでしょう。Androidバージョンを連打すると大きく「K」の文字が表示され、一度タップすると回転し、もう一度タップするとKitKat風のAndroidロゴが表示されます。さらにタップすると歴代のAndoridバージョンで使用されたコードネーム名のお菓子をパズル化してタッチ操作で各パネルが別のところに移動する様を楽しむことができます。けっこう手の込んだ作りですね。Source : Android Central



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung未発表の大画面タブレット「SM-P905」がFCCの認証を取得、LTEにも対応
Android 4.4(KitKat)にChromeブラウザの‟ドラッグアンドリリース”操作がシステムレベルで実装
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年10月)、ついにJelly Beanのシェアが50%を上回る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP