ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4搭載Nexus 5の標準ホームアプリ「Google Home」を試す

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Nexus 5のシステムダンプから抜き取ったAndroid 4.4(KitKat)のホームアプリ(Gogole Home)をMoto Xにインストールしてみました。これまでの流出画像からホームアプリの変更内容はある程度分かっていたつもりだったのですが、実際に使用してみると予想よりも多くの箇所が変わっていてびっくりしました。まずは、端末の開封直後に表示されるホーム画面などの説明はデザインが一新しました。ホーム画面のレイアウトなどは従来とさほど変わっていませんが、ランチャーボタンのデザインが新しくなり、ホーム画面を右側にスライドさせると、左からGogole Now画面が表示。Google検索画面はホーム画面上にオーバーレイ表示になるなど、色々と変わっています。

ウィジェット画面がアプリドロワーから消えました。

ホーム画面への追加メニュー(ホーム画面の長押し操作)は最近のXperiaスマートフォン風に刷新。壁紙やウィジェットはこの画面から選択します。「設定」をタップするとGoogle検索アプリの設定メニューが開きます。

壁紙選択画面はギャラリーアプリ風になりました。フォルダはホーム画面からの見た目が変わり、開いた状態の背景も白に変わりました。

Nexus 5のホーム画面は下記のリンクよりZIPファイルをダウンロードして解凍。PrebuiltGmsCore.apk、Velvet.apk、 GoogleHome.apkの順に手動インストールします。後はホーム画面を押して「ランチャー」をタップすれば利用できます。Source : XDA Developers 



(juggly.cn)記事関連リンク
MozillaがAndroid版「Firefox 26 Beta」をリリース、ホーム画面の機能を刷新
Motorola未発表スマートフォン「Moto G」のパンフレット画像が流出、英国でも発売?
歩歩高(BBK)、Vivo Xplay 3Sに搭載したディスプレイがiPhone、HTC Oneよりも精細であることをアピール

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。