ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4(KitKat)でRAM要件が下がる、512MBの端末にも容易に導入可能に、開発者向けにはアプリのメモリ使用量を分析できるツールも提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本日発表されたAndroid 4.4(KitKat)の最大の変更と言えば、おそらくメモリ(RAM)使用量が大幅に減り、RAM容量の少ないローエンド端末やウェアラブルデバイスへの導入も容易になったことでしょう。これまでのAndroidはバージョンアップを重ねるたびにRAM要件も上がっていく傾向にあり、バージョンアップできない端末が続出してきましたが、今回は、これまでとは逆にRAM容量の要件が下がったことで、端末メーカーの方針でサポートを打ち切る場合を除いて、以前より容易にバージョンアップを提供できるようになるでしょう。GoogleのAndroidプラットフォーム担当エンジニアリングディレクター Dave Burke氏は、‟「Project Svelte」という取り組みの中でOSの不必要なバックグラウンドサービスを無くし、RAM使用量が減ったことで、AndroidのRAM要件が下がった”として、‟512MBのRAMしか持たない端末でも無理なく動作する”と同社のブログで述べています。GoogleはAndroid 4.4にアプリのメモリ使用量を分析できる「Process Stats」ツールを開発者向けオプションに追加しています。Source : Android Developers Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola未発表スマートフォン「Moto G」のパンフレット画像が流出、英国でも発売?
歩歩高(BBK)、Vivo Xplay 3Sに搭載したディスプレイがiPhone、HTC Oneよりも精細であることをアピール
Nexus 5は開封後の初期セットアップ時にシステムアップデートを実施する必要あり

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP