ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幸せが舞い込んでくる人の習慣

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 毎日、幸せを感じて生きている人がいれば、願っていることがなかなかかなわず「なんで上手くいかないんだろう」と思う日々を過ごしている人もいます。
 この両者の違いはどのように生まれるのでしょうか。

 そのヒントが、月間380万PVを記録する人気ブログを持つソウルメイト研究家・Keikoさんの著書『願う前に、願いがかなう本』(大和出版/刊)に書かれていました。
 本書では、宇宙とつながり、幸せを引き寄せる「願望実現メソッド」が紹介されているのですが、願いをかなえられる人、幸せになることができる人はこんなことを実践しているそうです。

■「何がなんでも」じゃなく「ま、いっか」
 よく意識しすぎると、失敗してしまうことがあります。願いもそれと同じ。がんばりすぎるとかなわなくなるといいます。
 これはエネルギーバランスの問題で、たとえば仕事が徹夜続きのときは、休みたくなりますが、これは身体がバランスを保とうとするから。願いも同じで、「かなえたい」という方向にエネルギーがいきすぎると、逆方向の力が働きます。
 だから、コツは、願うのはいいけれどそれに固執しないこと。「かなったら嬉しいけれど、かなわなくてもま、いっか♪」、それくらいゆるい気持ちでいましょう。

■いったん願いを手放してみよう
 夢中になりすぎてしまうと、周囲が見えなくなることはないですか? 実は願いも同じ。ひとつの願いごとに固執してしまうと、自分にとって本当の幸せをつかむチャンスがきても、見逃してしまうことがあります。
 「いくら願っても、ぜんぜんかなわない!」という人は、「ああしたい、こうしたい」という意識を一度捨てて、白紙に戻してみましょう。すべてを手放してみると、入りすぎていた力がゆるんで、スコーンと願いがかなったりするものですよ。

■邪魔が入るときは方向転換しよう
 気になる異性とデートをしようとすると、なぜか邪魔が入るということはありませんか? 急な残業を頼まれたり、直前に風邪をひいて熱が出たり、荒天で交通機関がマヒしたり…。
 これらは全て、宇宙からの警告とKeikoさんはいいます。長い間うまくいかないのは「そっちにいったらダメ」というお知らせです。かなわない願望を願うのをやめるということは、諦めることではなく、幸せな方向にシフトすること。私たちの最終目的は願いがかなうことではなく、幸せになることです。なぜか邪魔が連続してはいるときは、潔く諦めてみるのも一つの手です。

 自分の願っていたことが実現して嬉しくない人はいないはずし、幸せが舞い込んでくる体質に憧れている人も多いでしょう。
 宇宙からのサインを見逃さずに受け取り、行動に移す。そこから、幸せに溢れた毎日への道筋ができていきます。もし、日々の生活の中で「あっ!」と思うことがあれば、それは宇宙からのサインかもしれませんよ。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
不幸を引き寄せてしまう人の特徴
悲観的な人間は幸運に恵まれやすい?
運を引き寄せる人と逃がす人の違い

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。