ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何もしなくても人が集まる、稼げるウェブサイト作りのコツ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 今やどんな企業でも、フリーランスでも、インターネット上に自分のメディアを持つ時代になりました。顧客側もインターネットで事前に情報を得ることが多くなりましたから、SNSだけではなく、ブログやウェブサイトなどを使って、いかに自分たちの魅力を伝えるかというところに、力を注がないといけなくなったのです。

 しかし、そもそもそのサイトに人を集められなければ、ウェブサイトを作っても仕方ありません。
 『スマホ1台で月100万円稼ぐ人になる!』(原田陽平/著、ぱる出版/刊)では、インターネットビジネスを成功させるための方法の一つとして、ウェブサイトへの集客が重要だとしており、その中でもグーグルやヤフーといった検索エンジンを介してサイトにアクセスするユーザーの数を増やすために、検索エンジン内のページ表示の順位が上がるようにサイトの工夫をするSEO(Search Engine Optimization)対策が大事だと指摘しています。
 自分の意図したキーワードのSEO対策をしっかりすれば、何もしなくても人は集まってくることになるはずなのですが、ただでさえ競争が激しいネット社会。すでに多くのページビューを獲得しているウェブサイトに勝つことはなかなか難しいはず。そこで原田さんは、次のようなやり方を勧めています。

■キーワード選びは視点をずらす
 SEO対策でまずしてしまいがちなのが、誰もが知っていたり、話題になっているキーワード(ビッグキーワード)に固執してしまうことです。
 もちろん検索順位が上位になればアクセス数も伸びるのですが、他の人も自分と同じ考えを持っていると考えた方がいいでしょう。つまり、ライバルが多くなって埋もれてしまいやすくもなるのです。
 有名なキーワードならば、人が集まりやすいと思って安易にキーワードを決めると失敗してしまうことが多いので、すこしずれた視点で選定して自分にとって有利な状況を作りましょう。

■ユーザーの立場になってキーワードを考える
 「ずれた視点」とは具体的になんでしょうか。それは、ユーザーにどんな需要があるのか想像することで、関連キーワードを探ることで得ることができます。
 例えば「ニキビ」というキーワードをメインにするとき、これだけではあまりにもライバルが多すぎます。そこで、「ニキビ」とともに「治す」「クリーム」「食事」といった具体的なワードを織り交ぜてSEO対策をするのです。すると、的確にユーザーをサイトに誘導しやすくなります。

■お宝キーワードはどう探す?
 また、キーワードを探す際は、自分の頭だけで考えてはいけません。人は知っている言葉や知識、経験からしか答えを導き出せないもの。だから、自分があまり知らなかったり、馴染みがなかったりするジャンルに関するキーワードは的外れになってしまいがちなのです。
 自分の知らない関連ワードを知りたいときは、特定のキーワードを入れると、それに関連するキーワードを表示するウェブサービスなどもあるのでそちらを活用してみるといいでしょう。本書では具体的なサービスの紹介や検索の方法が掲載されているので、参考にしてみて下さい。

 インターネットはすでにビジネスにおいてなくてはならないものになってきました。そして、インターネットのみでビジネスを展開することも一般的になりつつあります。
 今後、副業としてインターネットビジネスを考えている人もいるはず。そんなとき、「数」は多ければ多いほど良いと感じることがあるでしょう。そのときに、本書に掲載されているようなユーザー集めの方法を知っていれば、強い武器になるはずです。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
忙しいビジネスパーソンが家族との時間を増やす方法
中卒、借金持ちでも成功できた奇想天外な考え方とは?
月収100万円以上稼ぐ人の考え方

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP