ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、2013年度第2四半期は1,000万台のXperiaスマートフォンを販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyが10月31日に発表した同社の2013年度第2四半期の決算説明資料によると、この3カ月間のXperiaスマートフォン販売台数が1,000万台に達しました。Xperiaスマートフォンの2012年度の販売台数は、第1四半期が740万台、第2四半期が880万台、第3四半期が870万台と、年間を通じて1,000万台に達することはありませんでした。今年は1四半期から960万台と前年のどの四半期よりも多く、そして、第2四半期で1,000万台の大台に達しました。2012年度の販売台数は合計3,300万台でしたが、Sonyは2013年度の予想台数を4,200万台としています。第2四半期のSonyグループ全体の売上高は前年同期比13%増の1兆7755億円、営業利益は前年同期比51.2%減の148億円の黒字と増収減益いう結果でした。増収となった主な理由は為替の影響とスマートフォン販売台数増加によるもので、減益となった主な要因は映画事業の損益悪化だとしています。スマートフォンを含むモバイルプロダクツ&コミュニケーション部門の売上高は前年同期比39.3%増の4,186億円、営業利益は、前年が231億円の赤字だったのに対して、今期は9億円の赤字と損益を改善しています。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Nexus 5やNexus 7向けに新ワイヤレス充電器を発売
Google、Android新バージョン「Android 4.4‟KitKat”」を正式発表、既存のNexusには数週間中に配信
GoogleがAndroid 4.4‟KitKat”を搭載した新型スマートフォン「Nexus 5」を正式発表、日本でも発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP