ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 4.4“KitKat”の新機能の一部が判明、ローエンド端末への最適化、ウェアラブルデバイスへの対応改善、NFC決済機能の仕様変更、Bluetoothプロファイルの拡充など

DATE:
  • ガジェット通信を≫


元WSJの記者 Amir Efrati氏が、「Confidential(秘密)」とされているAndroid 4.4“KitKat”のマーケティング資料を入手したとして、それに記載されているAndroid 4.4“KitKat”の新機能を紹介していました。

同氏が公開した情報によると、Android 4.4“KitKat”では、ローエンド端末への最適化、ウェアラブルデバイスへの対応改善、家電との連携強化、NFCにおけるカードエミュレーションモードの仕様変更、Bluetoothのサポートプロファイルの拡充が行われているそうです。

ローエンド端末への最適化については、その資料に、「主要コンポーネントのメモリ使用量を最適化し、RAM容量が512MBの端末でも実行可能。また、開発者にはメモリ使用の効率化を図るアプリの作成を支援するツールを提供する」と記載されていたそうです。古い機種やローエンド端末、スマートTVスティックなどのハイスペックにできない端末でもAndroid 4.4“KitKat”を使用することが可能で、Androidの大きな課題とされるフラグメンテーション問題が改善されるかもしれません。

家電との連携強化については、「開発者は赤外線を利用して家電製品をリモート操作するアプリの開発が可能になる」と記載されていたことで、ウェアラブルデバイスへの対応改善については、「地磁気回転ベクトルセンサー、ステップ検出センサー、ステップカウンタといったセンサーが新たにサポートされる」と記載されていたそうです。

NFCについては、「セキュアエレメントに格納されている個人情報がなくてもType-A/Bのカードエミュレーションモードを実行することができる」と記載されていたそうです。Bluetoothについては、「“HID OVER GATT”プロファイルと“Message Access Profile(MAP)”プロファイル が新たにサポートされる」と記載されていたそうです。
Source : jessica lessin



(juggly.cn)記事関連リンク
2013年Q3の世界タブレット出荷市場、上位5社のうちApple以外はシェアを伸ばす
曲名検索アプリ「TrackID」にオフライン時に録音して後で検索を実行できる新機能が追加、Deezerとの連携もサポート
NTTドコモ、「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」を11月7日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。