ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

下り最大110Mbpsの新モバイルブロードバンドサービス“WiMAX 2+”がいよいよ本日スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫


UQコミュニケーションズの新モバイルブロードバンドサービス“WiMAX 2+”がいよいよ本日開始されました。WiMAX 2+は将来的に下り1Gpbsを超える通信速度に上がる予定ですが、開始当初は保有周波数の運用面と技術面の問題で下り最大110Mbpsとなっています。

WiMAX 2+は既存のWiMAXと平行して提供されており、本日発売されたWiMAX 2+対応機種『Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14』ではWiMAX 2+とWiMAXのほか、auのLTEサービス“4G LTE”も利用できます。『Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14』はモバイルWi-Fiルーターで、UQオンラインショップ(http://www.uqwimax.jp/shop/)とMVNO各社を通じて販売されています。HWD14の利用料は2年間月額3880円でWiMAX 2+とWiMAXを速度制限なしで利用可能。オプションへの加入でauの“4G LTE”も利用できます。

販売店は、UQ、ヤマダ電機(YAMADA Air Mobile WiMAX)、ラネット(Bic WiMAX)、ワイヤレスゲート(ワイyレスゲートWi-Fi+WiMAX)、エディオン(エディオンネット)、ノジマ(nojima WiMAX)、ニフティ(@nifty WiMAX)、ビッグローブ(Biglobe WiMAX)、ダイワボウ情報システム(DIS Mobile WiMAX)、ネットワークコンサルティング。なお、UQとMVNO各社は2013年11月12日より順次KDDIの『auスマートバリュー mine』に対応する予定です。
UQ、「WiMAX 2+」による下り最大110Mbpsの新データ通信サービスを10月31日より提供開始
Source : UQコミュニケーションズ



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、dメニュー内でファッション通販サービス「d fashion」を開始、ドコモポイントやドコモケータイ払いが利用可能
Xperiaホーム最新版「6.1.A.0.5」が公開
ZTEが人気のBladeシリーズの新モデル「Blade Q」「Blade Q Mini」「Blade Q Maxi」を発表、欧州で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。