ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ARM、モバイル向けGPUの新モデル「Mali-T760」「Mali-T720」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英ARMは現地時間10月30日、同社のモバイル向けGPU‟Maliシリーズ”の新モデル「Mali-T760」「Mali-T720」を発表しました。発表されたMali-T760はMaliシリーズ最上位となる製品。Mali-T720はミッドレンジ向けの製品。どちらもMidgardアーキテクチャーのモバイル向けGPUで、OpenGL ES 3.0、Open CL 1.1、DirectX 11などをグラフィクスAPIサポートしています。また、両方ともTSMC 28nmHPMプロセスをターゲットにしていますが、上位のMali-T760はTSMC 14nmFFプロセスもターゲットにしています。Mali-T760は発表済みのMali-T678の後継にあたる製品。最大16個まで拡張可能なシェーダーコアをサポートし、コア自体の性能向上によって、Exynos 5 Dualに採用されたMali-T604よりもパフォーマンスは最大400%高く、また、電力効率も最大400%向上しているそうです。Mali-T720はARMのモバイルGPUの中でもミッドレンジとされるMali-450の後継にあたる製品。特にエントリー~ミッドレンジクラスのAndroidスマートフォン、タブレット向けSoCをターゲットにしており、Androidへの最適化も施されています。既存のMali-400と比較するとパフォーマンスは最大50%向上し、電力効率は150%向上しているそうですARMの発表によると、Samsung、LG、MediaTek、RockchipがMali-T700シリーズにおいて同社とライセンス契約を締結しています。Source : ARM



(juggly.cn)記事関連リンク
サンワサプライ、タブレットを片手に固定できてスタンドとしても機能するタブレットハンドル「PDA-TABH1BK」を発売
Android 4.4‟KitKat”の新機能の一部が判明、ローエンド端末への最適化、ウェアラブルデバイスへの対応改善、NFC決済機能の仕様変更、Bluetoothプロファイルの拡充など
Motorolaが「Touchless Control」アプリに‟Find my phone”コマンドを追加、付近にある端末を音声操作で発見できる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。