ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界最小・最軽量・最薄、フルハイビジョン対応のデュアルカメラ『Xacti DMX-CS1』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

0240982_01


三洋電機は、一台で動画と写真撮影が可能なデュアルカメラ『Xacti』シリーズの新機種として、より携帯性を追求したフルハイビジョン対応の『DMX-CS1』を2月19日より発売します。薄さわずか27mm、重さ約142gと、従来モデルより飛躍的にスリム化し、独自のエルゴノミクスデザインを採用しています。

『Xacti』シリーズは、気軽に持ち歩いて動画も写真もスナップ感覚で自由に撮影できる携帯性の高いデュアルカメラ。撮影したデータは、テレビでの観賞をはじめ、ウェブでの動画配信・共有サービスや、『iPod』など携帯端末で利用しやすいデータフォーマットを採用するなど、撮影後の楽しみ方まであわせて提案してきました。

0240982_05

今回発売される『Xacti DMX-CS1』は、世界最小・最軽量・最薄を実現しながら、フルハイビジョンムービー(1920×1080pixel)の撮影が可能なモデル。ムービーフォーマットにはMPEG4 AVC/H.264を採用。パソコン上での表示や編集などの取り扱いがさらに便利になりました。

シーンに応じて音声をクリアに記録する『サウンドズーム機能』も新たに搭載。映像のズームにあわせて指向性や収音方法を自動的に変更する『ズーム連動モード』など、撮影シーンや目的に合わせて3種類のマイクモードを使い分けることで、ムービーの臨場感を高めることができます。

広角38mmレンズと『アドバンストズーム』により広い撮影領域をカバーするとともに、『手ブレ補正機能』『顔検出追尾機能』など、カメラにおまかせで美しい撮影を実現する機能も搭載しています。『Eye-Fi連動機能』を使えば、撮影データを自動的にパソコンに送信することも可能。テレビでの高画質視聴ができるミニHMDI端子、50MBの内蔵メモリーを搭載するほか、SD/SDHCカード(32GBまで)や大容量記憶メディアSDXCメモリーカード(64GBまで)にも対応しています。

カラーは、シルバー、ピンク、グリーンの3色、サイズはW63.5×D26.8×H123.5mm、重さ142g(本体のみ)、価格はオープンです。
 
 

■関連記事
ズームしても手ブレが少ない! ソニー、デジタルハイビジョン『ハンディカム』2シリーズ6機種発売へ
画質・感度性能・手ブレ補正を強化! ビクター、ハイビジョンメモリームービー『Everio GZ-HM1』発売
ハイビジョン動画や静止画をウェブで共有!ソニーのデジタルビデオカメラ『bloggie』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。