ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国家公務員制度改革の必要性について岸博幸さんに聞きました。

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

10月30日 「国家公務員制度改革に関する緊急提言」説明会開場にて
国家公務員制度改革がなぜ必要なのか岸博幸氏(慶応大学教授)にお聞きしました。
動画

以下書き起こし
■記者
成長戦略、雇用などは分かりやすい話ですが公務員制度改革自体が20代30代の人たちにとって具体的にどのように関わってくるのかを簡単に教えていただけないでしょうか?

■岸
実際分かりにくいと思いますが、公務員制度改革を進めないと結局日本の未来の成長が作れない、その部分につきます。どうしても官僚主導でやっていると岩盤規制もなかなかかえられない、それのみならず財政赤字の削減も財務省はいろんな貸し借り関係の中で自分の省の影響力の最大化を考えますから将来の負担を最低限にするといった発想はまったくありません。その中で若い世代にとって大事なのは経済が成長して自分たちの仕事も当然ある、給料ももらえる、加えて消費税もそこまで高くならない、将来の社会保障の水準もそこまで下がらない、という状況を実現することが必要です。
ところが今の官僚主導、人事も官僚が決める、どの規制をするかも官僚が決めてしまう、どんどん官民交流をして民間への影響力を強くしてしまう。結局これは今の世代はもつ政策をやるんですが残念ながら将来の世代の政策をやるほど官僚はイマジネーションがある人種ではありません。逆に今の世代、自分の周りだけで完結した政策を作ってしまいますから未来の世代に付け回しされます。規制面、財政面、いろんな面に(将来への付け回しが)現れます。ですから公務員制度改革を進めることこそが実は将来の日本の成長性を高める、日本の将来の財政や社会保障の観点からも本当にバランスのとれたことにつながると思います。要するに政治主導をやらないとダメだということです。
日本の制度のなかで一番強固なものが官僚制度でその部分を変えてしっかりした政治主導にしてかつ、その中に若い世代を代弁する声が入らなければ残念ながら現在で完結するだけで終わってしまいます。

■記者
ありがとうございました。 

東京プレスクラブの記事一覧をみる ▶

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP