ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タワー主催オーディションで注目! 野上智子が初ミニ・アルバムをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

タワーレコード主催のオーディション〈Knockin’ on TOWER’s Door vol.3〉にて注目を集めたシンガー・ソングライターの野上智子が、ファースト・ミニ・アルバム『僕の欠片』を12月18日にリリースします!

新潟出身で現在は都内を中心にライヴ活動を行い、自身の作詞作曲によるポピュラリティー溢れるメロディーと、人の弱い部分や心に潜む不安を独自の視点で捉えた歌詞で、幅広い世代の女性からの共感を得ている彼女。前述のオーディションでは最終選考の5組まで残り、グランプリは逃したものの審査員の多くが彼女の楽曲とパフォーマンスに心を奪われました。

タワーとレインボーエンタテインメントの共同レーベル〈Knock up!〉より登場する今回のミニ・アルバムは、CharaやSalyu、石井竜也らとの仕事で知られる渡辺善太郎がサウンド・プロデュースを担当。壮大な世界観を感じさせるリード・トラック“tonight”やポップな雰囲気に満ちた“モノポリー”、四つ打ちのリズムが心地良い“ヒカリノライン”、おもちゃ箱のような“繭”など、多彩なサウンドの楽曲が並んでいます。

彼女自身の〈欠片〉であり、幼い恋心や愛、孤独感、虚無感、そして母性など、パ―ソナルな部分に問いかける七つの物語が集約された本作。その独自の世界観にぜひ触れてみてください。

 

〈野上智子 『僕の欠片』収録曲〉
1. tonight
2. モノポリー
3. ヒカリノライン
4. ピントを合わせて
5. 繭
6. 何も無い
7. 迷い子

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP