ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

船橋市公認「船えもん」に心配の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

朝日新聞デジタルなどによると、10月24日、千葉県船橋市の松戸徹市長が、船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」に感謝状を贈ったことが判明した。絶大な人気を誇るゆるキャラだけにネット上でも話題になっている。

【画像や図表を見る】

船橋市に“公認”を求めるも、断られたというエピソードを持つ「ふなっしー」。奇声を上げて大げさな動きをするなど、“ゆるキャラ”らしからぬ言動が人気を呼び、2013年夏に開催された「ご当地キャラ総選挙」で1位を獲得。その後も声優を務めたり、CDデビューするなど、その活躍の場は広がるばかりだ。

今回の感謝状授与は、船橋市のPRにつながる地道な活動が公式に評価された形となった。Twitter上では、

「公認されなかったキャラが着実に実績を積み上げ、逆に相手に認めさせるまでに至るとは痛快だね」

と、このニュースを喜ぶ声がある一方で、

「ええ話や。でももし公式になったらそれはあの基地ピーなふなっしーのスピリッツとはずれてしまう気がする」
「え、公認だけはするなよ?!キャラが崩れてしまうし」

と、公認キャラクターになってしまうのでは?という心配の声も。しかし朝日新聞デジタルの記事では、「ふなっしーも望まないだろうから公認はしない」という市長の意向を紹介しており、“非公認”という立場はこれまでと変わらない模様だ。

なお、ふなっしーは、感謝状が贈られたことについて、

「何もかもみんなが応援してくれたお掛けなっしー!ありがとなっしー♪ヾ(。゜▽゜)ノ感謝感激梨汁ぶしゃー,…,これからも元気と笑顔を伝えていきたいなっしー♪」

とTwitterでコメント。これからも独自の活動を続けていく姿勢を表明した。

ところで、船橋市には公式PRキャラクター「目利き番頭 船えもん」がいる。Twitter上には、

「市公認のふなえもんの存在の薄さはもう言葉にならない」
「ふなえもんの地位が危ういな」
「ふなえもんが忘却の彼方へ消える日も近い」

と、船えもんの将来を心配する人も…。公式・非公認と二つのキャラクターをもつ船橋市。それぞれのキャラクターの、今後ますますの活躍が期待されるところだ。
(R25編集部)

船橋市公認「船えもん」に心配の声はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
ふなっしー 服の色は「オーム体液」
「巨人くん」が“ゆるキャラ”参戦
富士山のゆる萌えキャラが人気
武蔵野線がオープンカー状態!?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。