ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新型iPad どちらを買う?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月22日(米現地時間)、アップル社は、新しいiPadとして、より薄く軽い9.7インチの「iPad Air」と、7.9インチの「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を発表した。

【画像や図表を見る】

「iPad Air」は、前モデルとなる「iPad」の9.4mm から7.5mmという薄さに。重さは652g からWi-Fiモデルで469g、Wi-Fi + Cellularモデルで478gという軽さになった。さらに新しいA7チップの搭載により、CPUの速度とグラフィックパフォーマンスは最大2倍になるという。

一方、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」は、iPad Airと同じ2048×1536 pixの解像度、さらに前モデルの「iPad mini」に比べ4倍の処理速度という。高さと幅のサイズは全モデルと同じだが、厚さが0.3mm増加。重さもWi-Fiモデルが331g、Wi-Fi + Cellularモデルが341 gと、前モデル(ぞれぞれ308 g、312 g)から増加した。「iPad Air」も「iPad mini Retinaディスプレイモデル」も、バッテリー持続時間は約10時間となっている。

アップル社によると、「iPad Air」は11月1日、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」は11月中の発売予定。「iPad Air」は、16GBのWi-Fiモデルが5万1800円、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」は16GBモデルが4万1900円という価格設定だ。

ネット上では、新しいアップル社製品が発表されるたびに、買うかどうか、どのモデルを買うべきかなどで話題になるが、今回、ネットユーザーの反応はどうだろうか。

アップル社の発表後、2ちゃんねるにはスレッドが乱立。ビジネスnews+板に立てられたスレッド「【新製品】Apple(アップル) より薄く、より軽くを実現した『iPad Air』とRetinaディスプレイ搭載の『iPad mini』を発表」では、

「iPadAirは絶対買いだな」
「初代iPadだから、もう遅いし、iPadAIRに買い換えよ」(本文ママ)

などiPadAirを推す声が優勢に見えるが、なかには「どっちかで迷うって不思議な意見だなあ 俺はAirとmini2のセルラー版を買う予定」という人も。

ちなみに、オンラインアンケートサイト「コッソリアンケート」では、ネットユーザー1000人に対して、今回の2製品の購買意欲の調査結果を発表している。それによると、大多数を占めたのは「どっちも買わない」というユーザー(65.4%)で、2位は「様子見」(13.9%)。続いて「新型 iPad miniを買う」というユーザーが8.6%と、「iPad Airを買う」(7.2%)をやや上回った。

同アンケートでは「どっちも買う」というコアなファンも4.9%いるが、アンケートに寄せられた声には、「スマホがあれば十分」「今必要ない」という声が多い。そして、買う人がどちらを選ぶかといえば、今のところ性能が格段に進歩した「iPad mini Retinaディスプレイモデル」のようだ。

いずれにせよ、「買わない」と回答できるのも、関心がある証拠。まだまだ、その動向から目が離せない人は多いようだ。
(R25編集部)

新型iPad どちらを買う?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
「タブレット端末」どう使ってる?
ゴールドも?新iPadの噂まとめ
高校授業でタブレット端末全員購入
武雄市「動画で予習」学習法導入へ
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。