ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモのケータイクレジット「iD」が2014年2月5日よりMasterCard PayPass加盟店でのNFC決済に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは10月29日、同社のケータイクレジットサービス「iD」を利用してMasterCardの非接触決済サービス「PayPass」加盟店舗で決済を行うことができる「iD/PayPass」機能を2014年2月5日より提供すると発表しました。機能の提供に先立ち、2013年12月1日~2014年1月13日までの間、米国ハワイのPayPass加盟店でiD/PayPass機能を利用して買物を行うと利用額の15%(上限1万円)がキャッシュバックされる「「iD/PayPassハワイでおトク!キャンペーン」も実施されます。「iD/PayPass」機能では、海外で主流の非接触決済サービス「PayPass」の加盟店舗の決済端末に、おサイフケータイ(Type A/BとFeliCa)対応のドコモスマートフォンをかざすだけでiDによる商品の決済を済ませることができます。ドコモスマートフォンのiD決済が海外でも使えるというわけです。利用方法は、サービス開始時期になるとリリースされる「iD/PayPass」対応版iDアプリの設定メニューで、海外での利用設定を行うだけです。iDを利用するには、NFC(Type A/B+FeliCa)対応ドコモスマートフォン、NFC決済対応のSIMカード(ピンク色)、DCMXカードが必要になります。12月より実施される「ハワイでおトクキャンペーン」はホノルルマラソンの開催にちなんだ施策で、詳細はドコモマラソンnaviで公開されます。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android版「ハングアウト」にSMS送受信機能を統合、位置情報やアニメーションGIFの共有にも対応
FacebookがAndroid版「Facebookメッセンジャー」をリニューアル
Mozilla、Android版「Firefox 25」を正式リリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP