ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年Q3の世界スマートフォン出荷台数は2億5100万台を突破、Huaweiがメーカー別シェアで3位に浮上(Strategy Analytics調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の調査会社 Strategy Analyticsが2013年Q3(7月~9月)の世界におけるスマートフォン出荷台数に関する調査結果を発表しました。調査結果によると、この期間のスマートフォン総出荷台数は前年同期比45%増の2億5100万台で、同社の調査史上初めて四半期ベースで2億5000万台を突破しました。メーカー別シェアランキングでは、Samsungがシェア35.2%となる8,800万台を出荷してトップを維持。2位はApple(3,380万台)ですが、シェアは前年同期の15.6%から13,4%に落ちています。3位はHuaweiでシェア5.1%となる1,270万台を出荷しました。Huaweiは2013年Q2の5位からLG、Lenovoを抜いています。4位はLGでシェア4.8%となる1,200万台を出荷。5位のLenovoはシェア4.3%となる1,080万台を出荷しました。Source : Strategy Analytics



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Android版「ハングアウト」にSMS送受信機能を統合、位置情報やアニメーションGIFの共有にも対応
FacebookがAndroid版「Facebookメッセンジャー」をリニューアル
Mozilla、Android版「Firefox 25」を正式リリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。