ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUS Japan、Windows 8とAndroidの両方を利用できるタブレット/ノートPC「ASUS TransBook Trio TX201LA」を11月2日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUS Japanは10月29日、Windows 8とAndroidの両方を利用できるタブレット/ノートPC「ASUS TransBook Trio TX201LA」を11月2日に国内で発売すると発表しました。価格は139,800円で、現在予約受付中です。TransBook Trio(海外名Transfomer Pad Trio)は、11.6インチ1,920×1,200ピクセル(WUXGA)のタッチ対応の液晶ディスプレイ、「PCステーション」と呼ばれるキーボードドック、モニタスタンドで構成されるTransformer製品です。Windows 8/AndroidノートPC、Androidタブレット、Windows 8デスクトップPCの3つのスタイルで利用することができます。

ディスプレイ部分は、Intel Atom Z2560″Clover Trail+” 1.6GHzデュアルコアプロセッサ、2GB RAM、16GBのSSD、19.5Whバッテリーを搭載しており、Android 4.2.2(Jelly Bean)が動作します。ディスプレイ単体では11.6インチのAndroidタブレットとして利用することが可能です。

PCステーションは、Intel Core i7-4500U 1.8GHz(ターボブースト時 3.0GHz)、4GB RAM、500GBのHDD、33Whバッテリーを搭載しており、Windows 8 64bit版が動作します。ディスプレイをPCステーションにドッキングするとハイパフォーマンスのWindows 8ノートPCに、モニタスタンドにディスプレイをドッキングするとコンパクトなデスクトップPCになります。Windows 8とAndroidの切替えは本体のスイッチ操作で容易に行うことが可能で、OS間でユーザーデータが同期されるようになっており、例えば、片方のOSで閲覧していたWEBページを、もう一方のOS上で継続して閲覧することも可能です。Source : ASUS SHOP



(juggly.cn)記事関連リンク
FacebookがAndroid版「Facebookメッセンジャー」をリニューアル
Mozilla、Android版「Firefox 25」を正式リリース
Xperia LのAndroid 4.2.2アップデート(15.3.A.0.26)が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP