ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近増えてる“友プレ婚”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、“友プレ婚”なるものが行われているのをご存じですか?その名の通り、「挙式をしていないふたりのために、友達が結婚式をプレゼントする」のこと!結婚式事情に詳しいウエディングプランナーの岡村奈奈さんに、“友プレ婚”について聞いてみました。

【画像や図表を見る】

まず、 “友プレ婚”ってそもそも、どのように行われているのでしょうか?

「現場での印象ですが、実際に行われている“友プレ婚”は、結婚して1年から数年経ったご夫婦へのプレゼントとして行われる場合が多いようです。年数にかかわらず『結婚式を挙げていないふたりのために何かしてあげたい』というお友達や同僚の皆さんの気持ちから、企画がスタートしていますね。規模や形はさまざまですが、多くの場合がサプライズとして計画され、新郎もしくは新婦どちらかが全く知らないうちに準備が進んでいることが多いです。そのため、衣裳やブーケ、ウエディングケーキなどは、手作りや友達からのプレゼントなどで用意されることが多く、食事や会場などの費用は会費として集めるのが定番のよう。会場の装飾や映像作りなど、それぞれ得意なことを持ち寄って準備することが多いので、プレゼントする側も学園祭気分で楽しんでいるようです」

なるほど。手作り感あふれる演出やアットホームな雰囲気で、主役のふたりだけでなく準備する友達側も楽しめるのが“友プレ婚”の特徴なんですね。

最近では、“友プレ婚”をするためのプランや、サービスも続々登場していますが、自分たちでプレゼントする場合に、新郎新婦に喜んでもらえる演出などありますか?

「あまり大がかりにせず、ふたりにとって記念になるようなメインイベントを一つ用意してあげるのがいいと思います。例えば、指輪や記念品の交換や、『誓いの言葉』のようなセレモニー的なもの、ケーキ入刀もウエディングらしいイベントなので、いい思い出になりますよ。また、お友達がお祝いの気持ちを込めて合唱するのもいいですね。ちなみに、“友プレ婚”には両家の親や親族を呼ばないことが多いので、きちんとした写真を撮影してプレゼントしてあげるのもオススメです」

普通の結婚式みたいに全部をきっちりやるのは難しいけれど、メインイベントを決めれば準備もしやすいですよね。このように決まった形式やルールがなく、気軽に行える“友プレ婚”ですが、岡村さんいわくちょっとした注意も必要なんだとか。

「新郎新婦はもちろん、準備する側のお友達の間でも、必要以上に“気を使わせない”、“お金を使わせない”、“無理をさせない”ことが一番だと思います。また、招待客なども含めて、計画する側がどこまでふたりの思いをくんであげられるのかも、とても重要です」

「やってあげたい」という気持ちだけで先走らず、何をしたら喜んでもらえるのかをきちんと考えて、計画することが大事なんですね。お友達に結婚式のプレゼントを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【取材協力】
岡村奈奈さん
フリーランスのウエディングプランナー。自宅などでの少人数婚から大規模なパーティまで、あらゆるウエディングプロデュース、カウンセリングに対応している。メディア出演多数。

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』
(R25編集部)

最近増えてる“友プレ婚”とは?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
メールでは恋愛力が身につかない?
相手に近づくほど好感度は上がる!?
継続できない人…英語難民の共通点
“誘いの合図”は男の勘違い!?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP