ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金利も高くATMの利便性も高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「一番大きな違いは、お客様の窓口となる実在の店舗を持っているかいないかです。メガバンクなどは駅前のそれなりの場所に店舗を構えて営業しているため、不動産賃料や行員の人件費がかかります。これは銀行にとって相当な経費。一方、ネット銀行は実在の店舗を持たず、インターネット上に出店しているため、経費が少なくてすむ分、金利を高く設定できるんです」

【画像や図表を見る】

ほかにも、ネット銀行はATMの利用や手数料でも便利なことがあるとか。

「ネット銀行にはメガバンクのような自前のATMがありません。その代わりネット銀行では、コンビニなどに備え付けられた提携ATMを利用するのですが、一定の回数までは手数料がかからないなど、便利に利用できます。また、例えばKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資したじぶん銀行なら、じぶん銀行と三菱東京UFJ銀行間の振込手数料は無料です(*)」(坂本さん)

なるほど~、特定の銀行間の取引に関して、手数料を抑えるネット銀行もあるんですね。金利も高くてATMの利便性も高い、その上で手数料もおトクとなると使わない手はないですよね。このような状況を踏まえて、ネット銀行はどんなふうに利用するのがオススメ?

「メガバンクなど普通の銀行とネット銀行の円定期預金金利を比べると、普通の銀行が1年で一般的に年0.025%程度なのに対して、ネット銀行の高いところでは年0.2~年0.4%と高金利となっています。1万円や5万円を預ける分には大差ありませんが、ある程度まとまった金額――例えば50万円以上預けるとなると、金利差が実感できるでしょう。また、ボーナス時期にはキャンペーンを行って、一定期間金利を高く設定しているネット銀行もあります。」(坂本さん)

いまなら冬のボーナスに合わせて、ネット銀行で定期預金を始めるのがオススメということですね。そこで、いま、お得なサービスを実施しているネット銀行を調べてみると、じぶん銀行の「デビュー応援プログラム」を発見! 新規口座開設者限定で、3カ月もの円定期預金が通常金利に加えて年0.25%(税引前)上乗せされるそう。今の3カ月もの円定期金利が年0.15%だから合計で年0.4%(税引後年0.31%)になるというわけ。更に、50万円以上の預入れで500円がもらえる特典も。これは見逃せないですよね。

(*)ケータイ・パソコンバンキング(スマートフォンを含む)の場合

(R25編集部)

金利も高くATMの利便性も高いはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
第1回 銀行は二刀流がオススメ!?
すっぴんかわいい女子の見分け方
年収「女高男低」カップルの実態
施設も充実!リッチな自治体TOP5
実現したスポーツマンガの必殺技集

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。