ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もともと友だちは恋人に昇格しずらい!? 適度な「知り合い」が一番可能性あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

恋人になった人との出会いについて、いくつかのアンケートを参照してみたところ、共通して1位は「職場」、2位は「友人の紹介」でした。
3位は「同じ大学やクラスメイト」となっているものが多く、意外に少なかったのは、「合コン」と「もともと友だち」です。
■「合コン」「もともと友だち」が発展しない理由
合コンは出会いの場として定着していると思うのですが、独身女性数名に聞いたみたところ、以下のような厳しい声がありました。

・つきあってからも合コンに行きそうでやっぱり嫌
・合コン慣れしている様子は引く
・ひとりでいられない男みたいで頼りがいがないと思った

「もともと友だち」というのは、お互いのことがよくわかっているので、職場の出会いと同じくらいあってもいいように思いますが、多くのアンケートで5%以下と、かなり少ないようです。
理由としては、このような声がありました。

・いまさら恋愛という雰囲気にならない
・前につきあっていた彼女をよく知っているので
・友だちという関係を大事にしたい

■「知り合い」程度が恋愛に発展しやすい
友だちと似て非なるもの、「同じ大学やクラスメイト」であれば、恋愛に発展する可能性が高いようですが、それはおそらく、「知り合い」程度のつきあいのため、まだよく知らない部分も多く、恋愛という関係に違和感なく入っていけるのでしょう。
また、その人の背景がある程度分かっているので、最低限の信頼関係がベースにあるということも、後押しになっていると思います。
■気になる人とは親密になりすぎない
どうやら、「知り合い」程度の関係は恋愛発展への可能性大でも、「友だち」になってしまうとその可能性はかなり減少と言えそうです。
ということは、恋愛関係になってもいいなと思える人に出会ったら、友だちとして親密になりすぎないことが、ひとつの恋愛成就ポイントかもしれません。
また、学生時代に、友だちとまではいかなくても「知り合い」で気になっていた人がいたら、何らかの方法で連絡をとってみれば、恋に発展する可能性も高いのではないかと思います。
couple image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
復縁を狙うなら引き際が肝心?
元彼が忘れられない人がするべき3つのこと
彼氏からいつまでも新鮮な気持ちで愛される方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP