ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「ARROWS Z ISW13F」のソフトウェアアップデートを開始、画面消灯時に再起動する事象に対処

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

KDDIは10月29日、富士通モバイル製Androidスマートフォン「ARROWS Z ISW13F」のソフトウェアアップデートを開始しました。今回はAndroid 4.0バージョンにおける不具合修正のアップデートです。KDDIの発表によると、ISW13Fでは画面が消灯している間に再起動する問題が発生しており、今回のアップデートで対処したそうです。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能です(Wi-Fi、3G、LTE、WiMAXのいずれも可)。ISW13Fの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」より手動で即時アップデートを実施できます。アップデートにかかる時間は最大35分。アップデート後のソフトウェアビルドは「V77R60B」。



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z1(C6903)が韓国で認証を取得
RUNNETからマラソン大会を検索できる公式Androidアプリ「どれ走る?」がリリース
2013年Q3の世界スマートフォン出荷台数は2億5100万台を突破、Huaweiがメーカー別シェアで3位に浮上(Strategy Analytics調査)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。