ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JAL、2014年夏から機内Wi-Fiサービス「JAL SKY Wi-Fi」を国内線に導入へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本航空(JAL)が2014年夏から国内線に無線LANによるインターネットサービスを導入していくと発表しました。JALは2012年7月より国際線の一部(主に欧米線)有料の無線LANサービス「JAL SKY Wi-Fi」を提供しており、それが国内線にも導入されることになりました。「JAL SKY Wi-Fiでは地上の無線LANサービスのように、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどの無線LAN対応端末を使って機内でWEBサイトを閲覧したり、メールを送受信したり、SNSにコメントなどを投稿することができます。国内線でもサービス利用料は有料とのことですが、料金はまだ公開されていません。ちなみに海外線の場合は、1時間プラン($11.95)と24時間プラン($21.95)の2種類のプランが提供されています。国内線はフライト時間が短いので料金プランも変わってくると思います。「JAL SKY Wi-Fi」に対応した機体は、国内線ボーイング777-200/-300型機、国内線ボーイング737-800型機の合計77機となる予定です。就航時期は2014年夏以降です。Source : JAL



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS Japan、Windows 8とAndroidの両方を利用できるタブレット/ノートPC「ASUS TransBook Trio TX201LA」を11月2日に国内発売
Motorolaがモジュール型スマートフォンの開発プロジェクト「Project Ara」を発表、PhoneBloksコミュニティとも連携
Sony Mobile、Xperia Z1やXperia Z Ultraなどに新バージョンのWalkmanアプリ「7.15.A.0.0」を配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP