ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NVIDIAがSHIELDのAndroid 4.3アップデートを開始、「GameStream」機能や仮想ボタンをコントローラーにマッピングする機能も同時に追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NVIDIAは10月28日、Androidベースのポータブルゲーム機「SHIELD」のAndroid 4.3アップデートを開始しました。今回のアップデートで、OSのバージョンアップに加えて、先日正式に発表されたPCゲームのストリーミング機能「GameStream」や「Console Mode」、さらに、Androidゲームのバーチャル操作ボタンをゲームコントローラーに自動/手動でマッピングする「SHIELD Gamepad Mapping」などの新機能が追加されました。「GameStream」はGeForce GTXシリーズのグラボを搭載したPCのゲームをSHIELDに60fpsでストリーミングする機能です。この機能は発売時よりベータ版として実装されており、それが正式版になりました。「Console Mode」は、SHIELDをテレビにHDMIケーブルで接続してゲームを1080pで出力。SHIELDにNyko PlayPadを接続することで、SHIELDを据え置き型ゲーム機のようにしてゲームを楽しめるというもの。これまでSHIELDのコントローラーでは、SHIELD用に作成されたゲームしか操作できませんでしたが、「SHIELD Gamepad Mapping」機能によって、タッチスクリーン上に表示される操作ボタンをゲームコントローラーに自動または手動でマッピングすることができます。これはおそらく一番要望の多かった機能でしょう。この機能のおかげでコントローラーが使えるゲームが大幅に増えます。このほか、アプリをMicro SDカードに移動する機能にも対応しました。アップデートは、SHIELDの設定メニューを表示後、「SHIELDのバージョン情報」→「System Update」より実行できます。Source : NVIDIA



(juggly.cn)記事関連リンク
カナダの携帯キャリアがNexus 5の主要スペックを公開
GoogleがGoogle Glass Explorer Editionの改良版を作成、初期版との無償交換プログラムや友人3名を招待できるプログラムを実施
Nexus 5は既に英国の大手携帯ショップに入荷済み、在庫管理システムの情報が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP